ページ上へ

平安閣グループ 株式会社名古屋冠婚葬祭互助会 ライフプラン

文字サイズ
標準
平安閣電話番号は052-916-1261
入会予約 入会のご案内
互助会トップページ > 名古屋冠婚葬祭互助会誕生物語 > 互助会誕生物語その2
名古屋冠婚葬祭互助会誕生物語

「新しい時代がはじまる今、一時の見栄や習慣にとらわれて、散財することは、新生活を始めるために大きな障害になる。 しかしそれはいずれも人生の大きな行事である以上、皆等しく、その式を神聖かつ厳粛に行いたいと望み、そのために苦労している人は多い。 一ヵ月15円か20円の積立で儀式が荘厳かつ厳粛に行うためにはどうしたらよいか。」

そう着目したのが横須賀市冠婚葬祭互助会の創設者 西村熊彦氏だった。

当時、発足が歓迎されているとはいえ、行政的な監督機関(※)がなかったことから、
「互助会は経営者がしっかりしていないとサギ、持ち逃げの危険もある」
とさえいわれ、人々に不安がつきまといました。

「この事業は普通の事業とは違う。たとえ門前払いを受けても、相互扶助の精神という創設者の魂をたたきこまなければいけない。」

ノブツグはこれから自分がはじめようとしている重大な事業を、その社会的な背景を、ただまっすぐに見つめていました。

名古屋冠婚葬祭互助会誕生物語

※昭和48年から「割賦販売法」により、互助会事業は通産大臣(現 経済産業大臣)の認可を受けることが義務づけられています。

登場人物:ノブツグ
名古屋冠婚葬祭互助会創設者 山本信嗣

  • 全国冠婚葬祭互助会連盟
  • 全国互助会ネットワークブライダルリンク集
  • 葬儀の心
  • 全国冠婚葬祭互助会連盟
  • 全国互助会ネットワークブライダルリンク集
  • 葬儀の心