各種資料請求はこちら 会員登録情報の変更

平安閣グループ(株)名古屋冠婚葬祭互助会 (株)平安閣ウェブサイト

文字サイズ
標準
絆創造業

★「ありがとうの本2019-2020」が発刊しました!ご希望の方は→コチラ                                                           平安会館『 師勝斎場』2019年10月オープン! → コチラ                                                           「平安会館 葬祭ディレクターのまなざしより」中日新聞にて好評連載中コチラ                                                           ●平安会館 「ふれあいブログ」 を毎日更新中です!→ コチラからご覧ください。                                                            

互助会の入会予約互助会の入会予約 互助会のご案内互助会のご案内
ホーム > ニュース一覧 > 台風19号による災害ボランティアへ参画

ニュース

台風19号による災害ボランティアへ参画

この度、平安閣グループ社員で希望者を募り

台風19号によって被災した長野県へ災害ボランティア活動をして参りました。

ボランティア 災害 台風

台風19号が過ぎ去ってから、既に一ヶ月が経過していますが、

自宅内とお庭に溜まった泥の除去がようやく終わったばかりだそうで、

室内には畳一枚入っていませんでした。

場所にもよりますが、浸水は1メートル50センチ~1メートル80センチ程あった様です。

災害 浸水 ボランティア

活動場所は決壊した河川のすぐ傍にあり特に被害の大きかったりんご農家さんで、

作業内容は主に畑一面に溜まった泥と災害ゴミの撤去でした。

泥の堆積は目算ですが、40センチ程でした。

泥かき りんご 農作物

農家の方が丹精込めて育てられ出荷を待つばかりのりんごも全て駄目になってしまいました。

堆積した泥を除去しないと、りんごの木も駄目になってしまい、

来年実をつける事も難しくなるそうです。

りんご畑 水害 台風被害

被災者の方々に一日でも早く普通の生活に戻って欲しいと願い

全国からたくさんの方がボランティアに参画されていました。

同じ想いを持つ者同士

「頑張ろう」「ありがとう」

と気持ちの良い会話が飛び交っていました。

ボランティア 泥かき 台風被害

りんご農家の方とお話しした際に

「命があって家族が無事だっただけで本当に有り難い、体さえ無事なら何とかなる」

と仰っていた言葉が印象に残ります。

三日間という本当に短い時間のお手伝いでしたが町の復興を心から応援しています。

平安閣グループ社員一同

応援 被災地 ありがとう

なるほど暮らしのマメ辞典