各種資料請求はこちら 会員登録情報の変更

平安閣グループ(株)名古屋冠婚葬祭互助会 (株)平安閣ウェブサイト

文字サイズ
標準
絆創造業

★「ありがとうの本2019-2020」が発刊しました!ご希望の方は→コチラ                                                           平安会館『 師勝斎場』2019年10月オープン! → コチラ                                                           「平安会館 葬祭ディレクターのまなざしより」中日新聞にて好評連載中コチラ                                                           ●平安会館 「ふれあいブログ」 を毎日更新中です!→ コチラからご覧ください。                                                            

互助会の入会予約互助会の入会予約 互助会のご案内互助会のご案内
ホーム > ニュース一覧 > 台風19号による災害ボランティアへ参画 Vol.2

ニュース

台風19号による災害ボランティアへ参画 Vol.2

前回に引き続き、

平安閣グループ社員による、長野県での災害ボランティアの活動状況をお知らせします。

台風19号被災地の方々の復興に対し、少しでもお力になれればと想い参画しました。

今回の活動は神社の復旧であり、倒壊した社のパーツをひとつひとつ水洗いし移動させました。

 

 

神社まで歩いていると民家が何軒もありましたが人が住んでいる気配はなく、

泥の掻き出しは終わったものの、仮設住宅など別の場所で生活していらっしゃるようでした。

りんご農園がたくさん続きましたがリンゴがたくさん落ちており、

農家の方の心情を察すると、本当に心が痛むような悲惨な状態でした。

少し離れた場所には、倒壊した建物の建具や家具、ごみ等が山のように積まれており、

この惨状が復旧するまでに、どれだけの時間と労力がかかるのだろうと心配は募るばかりでした。

 

 

一緒に活動したメンバーの方は過去にも何度かボランティア経験があるそうで

「こんな私でも人様の役に立っていると思えるので、被災者の方々のためにと来ています!」

とお気持ちを仰っていました。

多くのボランティア委員の方や、ボランティアの方と接する機会や道ですれ違う時には、

互いに元気よく挨拶し、全員が一つの目的に向かって行動していることが実感出来ました。

 

 

平安閣グループ一同、一日でも早くの復興を心より願っております。

なるほど暮らしのマメ辞典