各種資料請求はこちら 会員登録情報の変更

平安閣グループ(株)名古屋冠婚葬祭互助会 (株)平安閣ウェブサイト

文字サイズ
標準
絆創造業

平安会館『 春日井篠木斎場』平成30年12月オープン! → コチラ                                                           「平安会館 葬祭ディレクターのまなざしより」中日新聞にて好評連載中コチラ                                                           「ありがとうの本2018」発刊しました!ご希望の方は ⇒コチラから                                                           ●平安会館 「ふれあいブログ」 を毎日更新中です!→ コチラからご覧ください。                                                            

互助会の入会予約互助会の入会予約 互助会のご案内互助会のご案内

結婚式・ブライダルのご相談

大吉と仏滅

結婚式場のパンフレットには、大安や仏滅だけでなく先勝や先負もついていますが、それぞれの意味を教えてください。
昔から縁談や喜びごとには縁起はつきもの。
何をするにもよい日柄を選び末永い幸せを願いたいものです。
大安、仏滅など6つの日柄は六輝といい、元来中国で陰陽道の五行に付した時刻の吉凶占いであったものが、日本に伝わり、江戸時代に現在の形になったものです。単なる語呂あわせの感も強いので、あまりとらわれ過ぎない方がよいでしょう。
ちなみに六輝について以下のように言われています。

先勝:急用や訴訟などには吉。ただし午後は凶。
友引:友を引っぱる日、葬式には不向き。人を集めるにはよい日。
先負:こちらから手を出せば負ける日。午後は大吉。
仏滅:何事をするにも悪い日。一日中静観しているに限る。
大安:何をするにも吉。特に結婚・建築・開店などに最良。
赤口:新規事始めにはもちろん何事をなすにも忌むべき日。ただし正午は吉。

なるほど暮らしのマメ辞典