各種資料請求はこちら 会員登録情報の変更

平安閣グループ(株)名古屋冠婚葬祭互助会 (株)平安閣ウェブサイト

文字サイズ
標準
絆創造業

平安会館『 春日井篠木斎場』平成30年12月オープン! → コチラ                                                           「平安会館 葬祭ディレクターのまなざしより」中日新聞にて好評連載中コチラ                                                           「ありがとうの本2018」発刊しました!ご希望の方は ⇒コチラから                                                           ●平安会館 「ふれあいブログ」 を毎日更新中です!→ コチラからご覧ください。                                                            

互助会の入会予約互助会の入会予約 互助会のご案内互助会のご案内

その他の冠婚葬祭のご相談

通夜の服装

通夜に出席するときいつも服装に困ります。
喪服でも失礼なときがあると聞いていますが、どんなときでしょうか?。
通夜は喪服がマナーだけど、逆に通夜の前に弔問するときは、喪服を着てっちゃかんに。祭壇とか焼香台の準備もできてないのに喪服じゃ、前々から準備しとったみたいで場違いになっちまうでよ。
手伝いなんかで先に行くときは喪服でもかまわんけどね。

通夜のときはできれば喪服。急な知らせでとりあえずかけつけるときは、できるだけ地味な服装にした方がいいねぇ。背中が見えとったり、ひざが出とったり、肌を出した服装も気つけんといかんね。今年の夏に流行ったあの若い子がよう着とるキャミ…なんとかってあったがね。色がクロだからってあれじゃかなわんね。
男の人も喪服に着替える時間がなかったら、せめてネクタイだけでもクロにしなかんね。
そういや、ようおるんだけど、ネクタイはクロでも、くつ下がピンクだったなんての。足元もしっかり見なかんよ。

なるほど暮らしのマメ辞典