各種資料請求はこちら 会員登録情報の変更

平安閣グループ(株)名古屋冠婚葬祭互助会 (株)平安閣ウェブサイト

絆創造業

貸衣裳 美翔苑 BISHO EN 7月22日(木)オープン→HPはこちら                                                           平安会館グループ『家族葬の栞(しおり)極楽』2021年6月オープン!→こちら                                                           「ありがとうを贈ろう。」コーナー 東海ラジオで放送中!→HPはこちら                                                           ●平安会館 「ふれあいブログ」 更新中!→ コチラからご覧ください。                                                            

互助会の入会予約互助会の入会予約 互助会のご案内互助会のご案内

その他の冠婚葬祭のご相談

初節句のお人形

初節句のお人形は、どちらの親がそろえるものでしょうか?
かわいい初孫だったりすると、私が、私がって両方の親が、がんばってまうでね。ひとつまちがうと両方の親から届いて置く場所なくなってまう、なんてこともあるで。

古くからのしきたりだと、女の子の雛祭りには、母親の里から内裏雛、つまり、おひなさんとおだいりさんを贈るって習慣もあったね。母親の里がお金持ちの家だったら内裏雛だけじゃなくって、一式揃えて贈ったってもかまわんけどね。

男の子の端午の節句は、たいがい父親の里が揃えるってもんだったね。でも、ま、今じゃ、新婚さんの家もちっこくなっとるし、あんまりムリして七段飾り揃えたりしても、案外、迷惑だったりするで、若夫婦と相談した方がいいかもしれんよ。

なるほど暮らしのマメ辞典