各種資料請求はこちら 会員登録情報の変更

平安閣グループ(株)名古屋冠婚葬祭互助会 (株)平安閣ウェブサイト

文字サイズ
標準
絆創造業

平安会館『 春日井篠木斎場』平成30年12月オープン! → コチラ                                                           「平安会館 葬祭ディレクターのまなざしより」中日新聞にて好評連載中コチラ                                                           「ありがとうの本2018」発刊しました!ご希望の方は ⇒コチラから                                                           ●平安会館 「ふれあいブログ」 を毎日更新中です!→ コチラからご覧ください。                                                            

互助会の入会予約互助会の入会予約 互助会のご案内互助会のご案内

その他の冠婚葬祭のご相談

長寿祝い

来年、うちのおじいちゃんとおばあちゃんが77歳になり、家族で喜寿のお祝いをしようと思っています。また、来年二人は結婚50周年で金婚式もあります。
どのようにお祝いしてよいのか分かりません。お祝いの仕方や、親戚はどの程度招待すべきか詳しく知りたいです。
内祝いのお慶びが重なり大変喜ばしいことだね~。

通例は77歳の喜寿は、長寿といわれるにふさわしい年令だで、本人の健康状態を考えたうえで、お祝いしてあげればいいよ。食事は赤飯や尾頭付きの鯛が定番だけど食べやすいように工夫したってね。
お祝いの贈り物は、還暦の場合は、赤いちゃんちゃんこや赤い帽子を送るでしょう。これは、赤ちゃんに還えるという意味と赤は魔よけになると信じられとるからなんだわ。だけど最近は、おしゃれなおじいさんやおばあさんが多いで喜寿の祝いなら観劇のチケットやその人にあったものをプレゼントしてもいいよ。

でも今回は、金婚式も重なってるんだって。
それなら私は、金婚式をメインにしたほうがいいと思うよ。お招きするお客は、出きるだけ多くの人に声をかけて(本人の友達なども)会費制でするのも一つの手だよ。 会場も金と白を基調にして飾り付けたり、ちょっとしたウェディングケーキの入刀や孫たちからの花束贈呈などいろいろやってあげたらどう?金婚式の場合は、金製品を送るっていうけど旅行券や電気毛布など本人が喜ぶ実用的なものを差し上げれば喜ばれると思うよ。

なるほど暮らしのマメ辞典