各種資料請求はこちら 会員登録情報の変更

平安閣グループ(株)名古屋冠婚葬祭互助会 (株)平安閣ウェブサイト

文字サイズ
標準
絆創造業

平安会館『 春日井篠木斎場』平成30年12月オープン! → コチラ                                                           「平安会館 葬祭ディレクターのまなざしより」中日新聞にて好評連載中コチラ                                                           「ありがとうの本2018」発刊しました!ご希望の方は ⇒コチラから                                                           ●平安会館 「ふれあいブログ」 を毎日更新中です!→ コチラからご覧ください。                                                            

互助会の入会予約互助会の入会予約 互助会のご案内互助会のご案内

葬儀・葬祭のご相談

喪中の贈り物

自分が喪中のときや相手が喪中の場合のお中元やお歳暮は例年どおり贈ってもよいのですか?
お中元もお歳暮も日頃お世話になった方へのお礼の意味で贈るものです。基本的にはお祝いではないので贈ってもかまいません。
ただしご自身が喪中で四十九日が開けていないときは、時期をずらす、または次の機会に「先回は忌中で失礼いたしました」と伝え、少し多めに贈る方がよいでしょう。

また、相手が喪中の場合は、品物に紅白の水引をかけるのは避けて、リボンくらいがふさわしいでしょう。

なるほど暮らしのマメ辞典