ふれあいブログ

愛情を注いでくれた母へ……ありがとう

平安会館 笠寺斎場 原です。


街路樹の銀杏の葉が黄色く色づき、秋深まる11月下旬。
90年の長い人生の幕を閉じられた、大切なお母様のご葬儀をお手伝いしました。


お通夜式の前にご親族の皆様にお力添えをして頂き、お湯灌納棺の儀を行いました。


遺影写真

お湯灌納棺の儀は、現世での穢れや苦しみを洗い清める意味合いがあります。
お身体やお顔をきれいにし、これから49日の旅路を歩まれる故人様のために旅支度を整える儀式です。

皆様にはお母様のお顔を拭いて頂いたり、ご納棺後にお顔まわりをきれいに整えたりと、
一緒に儀式を行って頂きました。


大人の方々がお湯灌ご納棺を行っている傍らで、ひ孫様方は絵を描いてくださいました。

完成した絵はお柩の中の、よく見える所へ。
きっと喜んでみえることでしょう。

湯灌納棺の儀式

通夜、葬儀式は厳粛に執り行われました。

お孫様が書いてくださった絵


そして、最後のお別れ……

甦るのは、遠い思い出の記憶です。
慈しみ惜しみない愛情で育ててくれたお母様。
旅立ちの時を迎えたお母様に贈る言葉はただ一つ。

『今まで本当にありがとう、どうぞ安らかに……』


式中

お別れ

この度のお葬儀のご遺影はご家族の希望により、
昨年先立たれた旦那様と一緒にお作りすることになりました。
想いの込められた特別なご遺影です。

お母様が向かう先には、愛する旦那様が待っています。
苦しみのない世界で、これからはゆっくり旦那様と一緒に、
ご家族の行く末を見守ってくださることと存じます。




ご親族の皆様方、この度は本当にお疲れ様でございました。
スタッフ一同心より故人様のご冥福をお祈り申し上げます。

(左よりスタッフ池田、喪主様、館長白井、スタッフ原)

集合写真

  • カテゴリー
  • イベント
  • 地域活動
  • スタッフブログ
  • 絆ブログ
  • カテゴリー
  • イベント
  • 地域活動
  • スタッフブログ
  • 絆ブログ
墓地・暮石の華石
仏壇の平安
平安閣 外商部
平安ふれあい会館
イベント情報
互助会会員の特典
ありがとうを贈ろう。
葬儀の心
株式会社 平安閣 新規採用情報
TOPへ戻る