ふれあいブログ

最期まで自分らしく・・・

本山斎場千田です。
寒気日増しにつのり、冷え込みの厳しい季節ですが、
皆様お変わりございませんか。

先日お手伝いさせていただいた、お式の様子をご紹介します。

私が先生と初めてお会いしたのは、2014年4月のことでした。
先生は現役時代、小学校の教諭から校長先生まで
されたお方でした。
事前相談後、一通の封書が送られてきました。
そこにはとても細かくご自身の葬儀の希望、
お打ち合わせをした内容、ご連絡先の一覧表などが
パソコンで打たれていました。

お式には先生のご友人、現役時代のお仲間、お知り合いの方々が
最期のお別れにみえました。

皆様想いを込められてのご焼香でした。

生前のご希望で、どうしても無宗派で葬儀を行いたい。
好きだった音楽、思い出の「お別れビデオ」を流し、
ご自身の通夜、葬儀の式次第までしっかりと決めておられました。

娘様方はお父様のために、お式に生演奏を取り入れられました。

通夜式はアルパ、葬儀式はピアノで送られました。
音楽がお好きだった先生はとても喜ばれたことでしょう

皆様で「花は咲く」を合唱され、先生の思い描かれた
お式となったことでしょう。

最期までご自身の事で周りの方に迷惑をかけたくない。
そんな先生のお気持がひしひしと伝わってくるお式でした。

こちらは先生がご自身で作られた自分史です。
ご相談時にも持参され、「わいわい思い出話をしながら
皆で見て欲しいんだ。絶対にこれは飾って欲しい」
と仰っていました。

お式の後にはご友人の方々が、懐かしそうに
お話をされながら見ておられたのが、とても印象的でした。
私も元気な頃の先生のお姿を偲びいたしました。

スタッフ一同心よりご冥福をお祈りいたします。

  • カテゴリー
  • イベント
  • 地域活動
  • スタッフブログ
  • 絆ブログ
  • カテゴリー
  • イベント
  • 地域活動
  • スタッフブログ
  • 絆ブログ
墓地・暮石の華石
仏壇の平安
平安閣 外商部
平安ふれあい会館
イベント情報
互助会会員の特典
ありがとうを贈ろう。
葬儀の心
株式会社 平安閣 新規採用情報
TOPへ戻る